先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り 僕のありがとうをもう一度雄勝へ 5

先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り

僕らが未来へ残していける風景を考え、学ぶ。明日へつなぐ僕らの襷。明日がもっと好きになる。アシタスキ。日本の祭りや文化,人々を動画や写真,文章で紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕のありがとうをもう一度雄勝へ 5

74947_10200360267199116_1662649195_n (1)





宮原克人先生。

筑波大学芸術学群、木工の先生だ。
先生は木曽の漆職人の家の生まれ。

生粋の漆師。

坊主頭でいつもニコニコしている先生に久しぶりに連絡してみる。
もともと先生との縁は仲良しの同級生の担当教官だったところからだ。

彼女は木の木目を様々な糸で縫う、という作品を作っている芸術の生徒で、現在横須賀佐島に在住し活動中だ。

以前雄勝の石に漆をぬったらどうでしょうかと相談したことがあった。


 雄勝の神輿、直せますかね?


物語は進行する。ここで終わったら、そこまでなのだ。


「宮原先生

お久しぶりです、藤原です。

実は石巻雄勝町で、被災しながらも残った神輿があるのですが、漆がはがれてしまい直すことができるのかどうか見て欲しいと言われたのですが僕はあまり漆の知識がなく実際に見たとしてもわかりません。

そこでもしよければ先生にご同行していただき様子を見てもらえないかと思うのですがどうでしょうか?

出来れば今月中に行ければよいのですがと思っているのですがご検討いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

藤原」


ここに原文がある。

今見返すとあまりに不躾で唐突だった。


逃してはいけない一瞬は音もなく過ぎ去って行く。




先生の答えは、こうだった。(抜粋)


「藤原君

 返信遅くなりました。

 芸大の先輩で会津大学短期准教授の井波先生に、この件を伝えました。
 神輿を見て判断する事は僕でもできそうですが、
 筑波には、漆の講座もなく、職人さん達もいません。


 今できそうな事は、宮原と井波先生で現場に伺い、
 調査しておくということでしょうか。

 神輿の写真等があったら送って下さい。」


運命の矛先は会津を指し示していた。


会津は無二の友達のいる場所だ。

縁が少しづつつながっていく。


写真を送り、井波先生と連絡が取れると僕は会津へと向かうことになる。


それもまた突然だった気がする。

僕はその時東北にいて、福島県立博物館学芸員の先輩が呼んでくれた。


 漆の芸術祭の報告会があるんだけど、井波先生も宮原先生もくるよー、来れば?


 行きます!


万事こんな調子だ。

奇跡は待っていても起こらない。

僕はどうしても井波先生に会いにいく必要があった。



初めて訪れる県立博物館。もう雪が舞っていた。

僕は友人谷津君に連絡し、合流して一緒に参加することにした。


 久しぶり、また太ったな!

あいさつはいつも同じだ。学生時代円盤投げを競技にしていた彼の体はいつみても大きい。

僕の訪問はほとんど突然だが、いつも快く家に泊めてくれる。

大事な仲間だ。


宮原先生がいた。僕がくることは知らなかったようだ。


 あれ?どうもどうも、久しぶり!


会津での再会。連絡はしていたが会ったのは1年以上ぶりとなる。


 井波先生はあとでくるみたいだよ!


井波先生は公演中に来ていたのだが終わってすぐ帰ってしまった。

ここまで来て話せないのはあんまりと、宮原先生が電話をかけてくれた。


 終わった後の飲み会にちょっと行きますー!


先生に会える。

僕も友人も飲み会に誘われて混ぜてもらうことができた。

ただし二人とも車なので飲むのはウーロン茶だ。



会津、むぎとろ。



なんとも風情漂う店の二階が会場だった。

一階は地元のおじちゃんおばちゃんが徳利を片手に盛り上がっている。


むぎとろの名物はその名の通り麦とろご飯だ。

出てくる料理は会津の郷土料理ばかり。

 
 食べてみなんしょ
 

と言いながらビールとともに華やかではないが大将の心がこもった料理がたくさん運ばれてくる。

机を囲むメンツも会津に根差したひとくせありそうな人ばかりだ。

井波先生に会う前に会津弁が飛び交うその空間を楽しんでいた。



話題は会津、漆の芸術祭の今後について。


漆の里、会津。ここに雄勝の神輿を持って来れるのか。




井波先生が、来た。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/23(木) 19:14:35|
  2. [宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僕のありがとうをもう一度雄勝へ 6 | ホーム | 小田原のご縁 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearedevelopers2010.blog110.fc2.com/tb.php/217-eb947ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

日本文化を未来へ

Author:日本文化を未来へ
今やれる精一杯を、大切な場所へ。

友情、絆、縁、友達、ふるさと。

大事にしたくて、大事にしなくちゃいけないもの。

大切な毎日をすこしずつ。

twitter:@asitaski
mail:blackleopard04sあっとまーくgmail.com

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
想い (2)
筑波てづくり御輿 (5)
[岩手県陸前高田市]うごく七夕  (2)
[岩手県大船渡市]三陸海の盆 (1)
[宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭  (7)
[宮城県石巻市雄勝地区雄勝] 復興商店街たなこや御輿 (3)
鼓舞 おがつ秋の芸祭 (4)
[神奈川県小田原市]大稲荷神社例大祭  (4)
[岐阜県郡上市]徹夜おどり (1)
[山梨県小菅村]小永田熊野神社 (1)
災害復興支援 (10)
RunforJAPANinGC (6)
アシタスキユースmaggie (2)
先駆村 (181)
[長野県長野市]武井神社 (1)
[岐阜各務原]手力雄神社 (3)
[宮城県石巻市雄勝]大須八幡神社 (3)
祭り (2)

最新コメント

Twitter

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。