先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り 富士山、こたつ、鍋 part3最終章~そして伝説へ~

先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り

僕らが未来へ残していける風景を考え、学ぶ。明日へつなぐ僕らの襷。明日がもっと好きになる。アシタスキ。日本の祭りや文化,人々を動画や写真,文章で紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富士山、こたつ、鍋 part3最終章~そして伝説へ~

確かにこたつが山頂にある。

今考えてみても恐ろしいチャレンジだった。
何かひとつかけていても「富士山頂にこたつを持っていく」ことはできなかっただろう。

長かったストーリーの終結を確認されたい。


とにかく、僕らは間違いなく富士山頂にたどり着いたのだった。
長かった道のりの終結は僕らの疲れを一時的にだが吹き飛ばしてくれた。
僕は山頂、富士山火口へ今までの感謝とこれから行われる鍋の無事な成功を祈って合掌した。16202031_333515532_98large.jpg

富士山火口はただただ巨大だ。
口を開けている3776メートルの怪物はとても静かに息をひそめていたが確かに震えあがるような強大なエネルギーを感じた。
その前では人間などその存在さえもかすんでしまう。
しかし、僕らはこの富士山に挑んだ。

富士山頂でこたつをやってやる。

それは小さな僕たちが富士山にできるちっぽけだが精いっぱいの挑戦だったのだ。

16202031_333515439_60large_20100727103658.jpg

さあ、見てほしい。
この写真は紛れもない本物だ。
僕ら大学院生が、富士山という高すぎる壁に果敢に挑戦し決してくじけることなく最後まで戦い抜いた証である。

16202031_333515420_204large.jpg

僕らはつくばで待つ同志たちにこんなメッセージを送った。

「今、間違いなく富士山頂で鍋してます!奇跡だ!」

16202031_333515382_183large.jpg


そう。奇跡だ。
こんなことあり得ない。
絶対に無理だと思った。
みんなが引きとめた。
僕らは無謀だった。
でも、これは紛れもない事実だ。
僕らのあの一言の思いつきが、現実になった。

16202031_333515385_211large.jpg

それは信じる力。
本気でやること。

16202031_333515296_235large.jpg

滑稽かもしれないが、愚直にド真剣に取り組むこと。
通りかかる人みんなが声をかけてくれた。

「お!やりきったか!」
「いいねえ、鍋。僕らの夢だよ 笑」
「バカだねえ、いやあ、若いよ。」
「狂ってる!!でも大好きだ!!」

バカ。
なんだか嬉しかった。
笑顔で人が僕らのことをバカって言ってくれた。
それは、褒め言葉に聞こえた。
ここでこうやってすれ違って行く人たちも下に帰って僕らのことを話すだろうか。

今日富士山登ってきたぜ、山頂でこたつで鍋やってたよ!

それは僕らのことだ。
人の心に残ることをするのは並大抵のことじゃない。
一生懸命だけでも、だめなんだ。
意味のあることではなかったけれど。
帰って笑い話にしかならないけれど。
この日を共有した仲間と創った時間の濃さはなんだろう。
虚しさも、ある。
誰かの役に立ったわけじゃない。
何かを生み出したわけじゃない。
だけど、なんだか良かった。
また色んなことに感謝しようと思った。

一生懸命、生きた。














これで僕らの物語はおしまいです。
今回のことでたくさんのことを学びました。
まず第一に山は想像以上に厳しい場所であること。
今回僕らは山を知らなかったからこそ挑戦できた気はしますが、たとえば途中で雨が降ったら。
たとえば途中で強度の高山病になったら。
これは笑い話にもならなかったでしょう。
今回うまくいったのは完全にラッキーだったからです。
すべてがかっちりはまらなければ、成功しなかった。
あとは、とっても大切なことです。
仲間でつくる最高の思い出。
本気でやること。
中途半端には遊ばないこと。
皆が大好きです。

エンディングに。。。


16202031_333515533_229large.jpg

16202031_333515536_199large.jpg

ありがとう、富士山。
今度はこたつは持ってこないよ 笑

16202031_322575650_141large.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/07/27(火) 11:08:56|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<週末大忙し! | ホーム | 富士山 こたつ 鍋 part2>>

コメント

でも俺が行くときは寒いだろうから、やっぱりコタツ貸して☆
  1. 2010/07/27(火) 16:32:44 |
  2. URL |
  3. 鴨 #-
  4. [ 編集 ]

どうぞ使ってください 笑

伝説のこたつにまた伝説を刻んでくれ!
  1. 2010/07/29(木) 12:47:52 |
  2. URL |
  3. 創長 #-
  4. [ 編集 ]

おつかれさまです

こちらでは、はじめまして。

下山中に携帯の写真を分けてもらった者です。
こんなところに載っていたとは。。。

いやはや、楽しそうな写真ですね。
すばらしい!すごい!グッジョブv-218。そんな言葉しかでてきません。
あっ、「バカだね~」を忘れてたかw


それでも、山は天気が変わりやすいので注意してくださいね~
(2週間後の富士山では、頂上で雷が鳴り始めて急いで逃げてきました。)


それでは、またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。
  1. 2010/08/12(木) 23:28:18 |
  2. URL |
  3. 御津垣 #dEc.uiHI
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです!!

いやあ、あの時の!
なんだか不思議な感じですね
(笑)


最高の思い出ですが反省すべき点が多すぎますね(^^;)


またご縁があればどこかで!
俺たちは伝説を作り続けます(笑)
  1. 2010/08/13(金) 16:13:11 |
  2. URL |
  3. 創長 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wearedevelopers2010.blog110.fc2.com/tb.php/142-cae9abcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

日本文化を未来へ

Author:日本文化を未来へ
今やれる精一杯を、大切な場所へ。

友情、絆、縁、友達、ふるさと。

大事にしたくて、大事にしなくちゃいけないもの。

大切な毎日をすこしずつ。

twitter:@asitaski
mail:blackleopard04sあっとまーくgmail.com

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
想い (2)
筑波てづくり御輿 (5)
[岩手県陸前高田市]うごく七夕  (2)
[岩手県大船渡市]三陸海の盆 (1)
[宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭  (7)
[宮城県石巻市雄勝地区雄勝] 復興商店街たなこや御輿 (3)
鼓舞 おがつ秋の芸祭 (4)
[神奈川県小田原市]大稲荷神社例大祭  (4)
[岐阜県郡上市]徹夜おどり (1)
[山梨県小菅村]小永田熊野神社 (1)
災害復興支援 (10)
RunforJAPANinGC (6)
アシタスキユースmaggie (2)
先駆村 (181)
[長野県長野市]武井神社 (1)
[岐阜各務原]手力雄神社 (3)
[宮城県石巻市雄勝]大須八幡神社 (3)
祭り (2)

最新コメント

Twitter

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。