先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り 2011年01月

先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り

僕らが未来へ残していける風景を考え、学ぶ。明日へつなぐ僕らの襷。明日がもっと好きになる。アシタスキ。日本の祭りや文化,人々を動画や写真,文章で紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山の帰りに材木屋さんへ

こんにちは!

最近朝山へ行って山を巡回し、夏ミカンをもいで食うのが習慣になってます^^


さて、神輿が完成しましたので、次は山車を作ることになりました。

山車といっても設計上非常にシンプルで、一応引っ張れて上で太鼓や笛を鳴らせる、台車のでっかい奴みたいなイメージです。

でもときめき太鼓塾という太鼓の団体から直接依頼が来まして。
お祭り盛り上げましょう!
とやる気満々ですのでがんばるしかありません・・・時間ないけど。

それにあたり神輿のときに輪木(担ぎ棒)を買いに行った材木屋さんにまたお世話になることになりました!

材木屋さんの社長さんが非常にいい人、っていうか若者がそうやって挑戦することを面白がってくれてましてとっても応援してくれます!


たしかにあんなど田舎で材木屋にいきなり行ってトラック一杯分材木買い、山車作ります!なんて学生いないですよね 笑

ちょっと材木探しとくから昼飯食っといで!
っつってお店に電話してツケといたりしてくれました。

なんて待遇だ 笑

お店のおばちゃんとかもそんな珍しい電話あったもんだからって俺たちに興味津津でいろいろ話きかれたり^^
非常に気持ちのいい感じでしたね~。


そして工場に変えると社長さんがいい感じに使わなくなった端材みたいのを探して来てくれて、プレーナーかけてあげるからちょっと手伝って~と頼まれました!

16202031_973218681_12large.jpg


こうやって材木をフォークリフトに積んでるのかっこいいですね!

そっから全部の材を4面すべてプレーナーにかけます。
結構材が多いと大変ですが普段あんまりできないので一緒にいった楊君や村田くんは楽しそうでした^^

16202031_973218172_79large.jpg


楊君が頑張ってくれていますね^^

さて、こいつをトラックで学内に運んでもらいました。


また筑波大学内で謎の工作が始まることになりそうですね・・・ 笑
深夜響き渡るのみの音。

筑波大ならではの風景でしょう。

でもあんまりやるとまた怒られっからな;;


とりあえず乞う、ご期待ですね!
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 19:47:01|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かも!

さて、毎年恒例鴨狩りの季節ですね!

鴨は今の時期非常に脂が乗って美味しくなります!
今回僕らの鴨狩りをみにわざわざ東京から撮影に来てくれました!!

僕らの鴨狩りはちょっと特殊ですからな 笑


まあ詳しい様子は2/20、東京京島は爬虫類館分館にて放映されます。
楽しみにしててね^^

ま、やっぱり獲った鴨は絞めないといけないので。

国谷さんの山を見に行くついでに絞めときました。

鳥ですからま、鶏と同じで首切って血抜いて内臓とって・・・って感じですかね。

16202031_969222312_233large.jpg


この後物干しに2週間から一カ月十分熟成させます。

ジビエはこうやって熟成させた方が美味しいんです。

内臓とかもそのまま熟成させる方法もあるらしいですが僕らはこれを食べたいのでとっちゃいます。

16202031_969221921_45large.jpg


そう、レバー、砂肝、ハツ!!

これ食えんのはもうとれたてのみ!!

至高の味ですな。

平飼いの鶏でも美味いんだから天然の鴨だったらなおさらです。

こうやって命と触れ、いただく。

普段肉を食べるってのはどういう事なのか。

やっぱり自分で確かめないといけない感覚ですよね。

それを知らずに焼肉食えません・・・。


何を頂くのにも、手を合わせて、「頂きます。」

さまざまないのちは決して人間に食べられるために生まれてきたわけではないんです。

そうやって、姿勢を正して、頂くときがあってもいいんじゃないかな。


と毎回感じるのでした。





  1. 2011/01/28(金) 22:36:13|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お祭り記者会見

こんにちは。

先日記者会見をやってまいりました。
ここのブログで書くのは初めてですが今度お祭りをやります。3・13つくば駅周辺にて。

お神輿創ったからにはお祭りやらないとね!ってことで!


学園祭で一緒にやったグループとかと一緒に盛り上げ創り上げていくお祭りです!
年一回がっつり神輿お披露目になる機会になればいいなあ!!

ということでこのお祭りの記者会見が行われたわけですな。
記者会見会場にはそれぞれの衣装を着た人たちがいて、混沌としております 笑
YOSAKOIの人達、太鼓、花火、ブラスバンド。
我らが神輿にヒーローまで。
16202031_958366027_174large.jpg



また面白い絵ですね 笑

とりあえずせこせこと会場設営したり着替えたりしながら
毎日、朝日、産経、常陽、東京、ACCSの6社さんが来てくれました!

神輿創ったんです!
といったら興味津津でたくさん質問してくれました^^

神輿に対する熱い想いを語ってきましたよ 笑
16202031_958366022_28large.jpg



たくさんいるでしょ?

16202031_958366020_60large.jpg


毎日新聞と常陽新聞には早くも載りました!
常陽新聞には1面カラーで!目立つ~^^


他のとこも楽しみだな~!!



  1. 2011/01/20(木) 16:57:39|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常陸太田合宿

こんにちは。
箱根のすさまじいイベントが終わり落ち着いたのも束の間さらにたくさんの挑戦が押し迫ってくる2011年であります。

とりあえず箱根が終わり、3,4日と親戚挨拶を軽くした後、5日~7日で常陸太田はやまびこ農場さんに合宿に行ってまいりました。

16202031_948967730_5large.jpg


今回3日間でしたが内容盛りだくさんでした。
まずメインは300kgの味噌づくり。

16202031_948969625_14large.jpg


ガンガンこうやってドラム缶で大豆を煮てそれを機械で潰して麹、塩、煮汁と混ぜて行くわけですな。

僕らが一生懸命味噌玉作って樽にぶち込んでいたのとはかなり違う趣向でした・・・笑
っていうか300kg樽にぶち込んでたら肩がなくなりますね;;

とにかく多い!
150kgの大豆に150kgの米麹、さらに70kg近い塩なわけですからね~。
そして水分がさらに足されるわけで全部で500kgくらいはあるのかな??
とにかく多かったですな。
ま、煮て混ぜてほっときゃうまい味噌ができるんだから簡単なもんですよ。

そうする間にホソディ(細田ハム太郎)とキャマタくんはハム作り。

16202031_948969629_186large.jpg


ロース肉をくるくる巻いて桜で燻製にするわけですな。
これがまた楽しみ~!!
農場のお母さんが研究に研究を重ねた味だそうでこれは期待大です^^

さて、その日の夜は家に帰って宴会!
次の日ハム太郎の20歳の誕生日ということで!
今夜はparty night!
やまびこ父ちゃんが作った竹燗で上等の日本酒をいただきます。
ああうまい。

さらにその日潰した軍鶏の焼き鳥、レバー、砂肝、ササミ刺。
いつも潰してる僕はお手の物です。
これが至高でしたね~。
軍鶏のレバー、これはホントにうまいっすよ。
こんなん東京では食えね~ど!
圧倒的な存在感、その色つや、深み。
どれをとっても一級品。
こんなにうまいものないです。
やまびこ母ちゃんは感動して軍鶏を飼うことが決まりました 笑

さらにさらにうまいもんは続きます。
なんてったってやまびこ農場、魚養殖してるんです。
そう、イワナにヤマメ。
これの一夜干しのうまいこと。
これも酒に合うんだな~。
こんなに素敵な酒のアテがあると酒が進む進む。
こいつはもうただの酔っ払いになっちゃいました、タロウくん。

16202031_948969620_53large.jpg


次の日もずっと味噌作って、さらにこの日は烏骨鶏。
これがまた真っ黒な身で見た目はあんまり良くないんですがその身の柔らかいこと!
オスなのに全然焼くだけで食べれて、昨日のごっつい軍鶏やいつもの噛み切れない鶏とはわけが違うぜ。
焼いて食うなら烏骨鶏ですね。
名古屋コーチンとかよりよっぽど柔らかい。
見た目で烏骨鶏敬遠してるのはもったいない限りですね。

ガラについた最後の肉まで僕らはむさぼりますよ!!

16202031_948969616_160large.jpg


味噌づくりをシェパードのソミ(味噌の反対 笑)も見守ります。

16202031_948966778_89large.jpg


晴天の下、なぜか一瞬雪が降ったりもしましたがやっぱり気持のいい限りですね。
こうやってみんなで手作りのものを作ってるときが最高ですよ。


そんなこんなで楽しい三日間を過ごさせていただきました。
ああ楽しかった。
また遊びに行かせてくださーい^^




  1. 2011/01/13(木) 15:38:54|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

箱根神輿!!

箱根伝説のイベントが終わりました!!

今回ばかりはすさまじい事になりました。
30日に無理矢理2tトラックに神輿を積み込み、首都高をぶっぱなしました!!
30日帰省ラッシュがピーク、さらに雪という報道で極めて不安でしたが実際は非常に快調!!

前日ほとんど一睡もしてない二人は命がけで小田原へ運びます。
やるかやられるか、ぶっ放します。


とりあえず神輿は無事に運び終えました。
そっから僕と実咲は俺の実家の鎌倉に戻り、毎年恒例の凧売りしました。
大晦日から店をまたああだこうだ言いながら建てて元旦から一気に売って行くわけですね。

その素敵な夜のレポートはまた次回として
元旦完売した後僕らは小田原へ乗り込みました!!
小田原駅近くの万葉の湯に泊まり朝までトランプして、当日に臨みます。
この時点でうちのメンバーは12人。
いやあ、みなさんお元気で。
遠いところから集まってくれました!




そんな楽しい夜が終わり、朝から現地に向かいます。

こっから当日入りの奴らもぞくぞくと集まってきて総勢20人を超える大所帯になりました!

みんな本当によく来てくれたね!
朝から神輿を組んでいく僕ら。

P1000654.jpg


もうだんだんみんなも馴れて来てくれたかな??
少しずつ組みあがって行きます。

P1000629.jpg


箱根に俺らの神輿が置いてあるってとっても不思議です;;
しかし僕らは確実に今!僕らの神輿を箱根の地に持ってきて担ごうとしているわけです。
すげえことです!

こっから会場まで運ぶのも一苦労;;

P1000658.jpg


久しぶりに担ぐ神輿でみんなもエンジンを温めます。
初めて神輿に触れる東京の方々はその重さとエネルギーにびっくり。
がんばってくれています。


会場では置いてある神輿にたくさん人が来てくれました。
いつしか半纏貸出写真サービスをはじめ、応援に来てくれた方々が神輿をバックに記念撮影していました!
凧も売れていましたよ!

P1000682.jpg

P1000737.jpg


結構沢山の人が声をかけてくれて嬉しかったです。
すごいね!
かっこいいね!
そんな声がなんだかくすぐったくて顔がほころんでしまいました。
やっぱり僕らがつくったものをこうやって沢山の人に見てもらえるってのは特別な思いです。

P1000703.jpg


こちらは鈴廣の会長さん。
なんだかチャキチャキの人で、縁起物の凧や神輿をとっても喜んでくれました。
神輿の前で記念撮影。
素敵な方でした。

さらに神輿に阿藤快さんが!!

P1000724.jpg


阿藤さんがたまたまプライベートで駅伝応援に来てまして、神輿を見てこれ楽しそうだ!
是非担がせてくれと楊君の半纏を貸して一緒にまた記念撮影!

P1000718.jpg


一時半纏着たままいなくなっちゃって困ったんですが 笑
なんと!予定していた時間近くになって帰ってきてくれました!
しかも僕らは最初神輿は選手が走る前あたりに祭り会場の中の駐車場でやるつもりだったんですが
やっぱ走ってる時に担いだ方が面白いじゃん!!
しかももっと近くに行かなきゃだめでしょ!
と提案してくださって
会長さんに相談したところ一発おっけー!
いやあ、素晴らしい!!
選手が通り過ぎる間ずっと担いでいました!
阿藤さんもずっと担いでいました!

いやあ、俺の神輿、桐睦の紫半纏着た阿藤快が担いでる!すげえ 笑

と思いながら一番前に立っておりました。


いやあもう応援してる時はみんな汗だくでぎりぎりでした。
何回も何回も入れなおし、刺してはまた入れなおし。
あんなハードな宮入はなかなかありませんよ 笑


本当に一生懸命やってくれました。
みんなありがとう!!


この時とっても嬉しいことがありました。
お神輿を見ていたおじいちゃんの一人が泣き崩れていたんです。
うちのメンバーが声をかけると
こんなに一生懸命日本文化を伝えようと頑張ってる若者の姿を見て感動したんだ。
といってくれたそうです。




とっても嬉しいことです。

今回、この一点だけでも本当にやってよかったと思いました。
何人来たとか、いくらお金が動いたとかそんな評価だったらいらないんです。
たった一人でもこの神輿をみて何かを感じてくれた。
僕らの神輿が誰かの心に届いた。
そんなことが僕ら、本当に嬉しいしやってよかったと思わせてくれるんです。

P1000747.jpg


またこんなにも素敵な笑顔を創ることができました。
これからまた毎年素敵な思い出が創れれば最高です。

これがずっと続くなら。
僕らは文化を創れるのかも知れません。


本当にみんな
ありがとう。






  1. 2011/01/05(水) 03:25:14|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

日本文化を未来へ

Author:日本文化を未来へ
今やれる精一杯を、大切な場所へ。

友情、絆、縁、友達、ふるさと。

大事にしたくて、大事にしなくちゃいけないもの。

大切な毎日をすこしずつ。

twitter:@asitaski
mail:blackleopard04sあっとまーくgmail.com

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
想い (2)
筑波てづくり御輿 (5)
[岩手県陸前高田市]うごく七夕  (2)
[岩手県大船渡市]三陸海の盆 (1)
[宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭  (7)
[宮城県石巻市雄勝地区雄勝] 復興商店街たなこや御輿 (3)
鼓舞 おがつ秋の芸祭 (4)
[神奈川県小田原市]大稲荷神社例大祭  (4)
[岐阜県郡上市]徹夜おどり (1)
[山梨県小菅村]小永田熊野神社 (1)
災害復興支援 (10)
RunforJAPANinGC (6)
アシタスキユースmaggie (2)
先駆村 (181)
[長野県長野市]武井神社 (1)
[岐阜各務原]手力雄神社 (3)
[宮城県石巻市雄勝]大須八幡神社 (3)
祭り (2)

最新コメント

Twitter

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。