先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り 2010年08月

先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り

僕らが未来へ残していける風景を考え、学ぶ。明日へつなぐ僕らの襷。明日がもっと好きになる。アシタスキ。日本の祭りや文化,人々を動画や写真,文章で紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の終わりに

16202031_573164705_56large.jpg



今日で八月が終わります。

わが筑波大学は明日から新学期だそうです。
大学院生の僕にはあまり関係ないけど・・・。

この夏は、完全に「神輿」これに捧げました。
金沢八景のお神輿から始まり、神輿製作場所をもらってからは毎日製作。
小田の獅子に北鎌倉のお神輿。
神栖七夕祭りに乱入し4年に一度の両国亀戸天神祭。
そして先週は桂公田神明社のどっこいを。

村の活動を犠牲にしながら何故そこまで神輿にかけたのか。
それは村の活動がつまらなくなったとか神輿に気移りしたとかじゃなく、僕に課せられた義務があったからなんです。

僕のおじいちゃんは、神輿の職人でした。
でも一般的に「神輿師」と言われるような人ではないんです。
「神輿師」という人たちは言わば多くの職人の総監督みたいなもの。
神輿一基作るのには十数人の職人の技が必要になってきます。
それらを取りまとめるのが神輿師の役目なんです。
だけどじいちゃんは違う。
独学で「全部一人で」作りました。
それはじいちゃんの純粋な思い。
神輿が好きだったから。
神輿の楽しさをみんなに伝えたかったから。
里に祭りを作りたかったから・・・。
そんな非常に純粋な思いが彼を異常なまでに突き動かし、普通の人がおいそれとできないような「神輿」を作ってしまったんです。

そんなじいちゃんを、子供の時から僕はその小さな目で見ていました。
毎年じいちゃんのもとに百人近くの人が集まってきて、でっかい神輿を一生懸命になりながら上げる。
それがとってもきれいにカッコよく動いている。
一番前でじいちゃんが時々笑う・・・。
なんだろう。
これって。
そういつも思っていました。
じいちゃんはいつも優しすぎるくらいに優しくて、泣き虫だった僕をいつも温かく包んでくれました。
「お前は俺の宝だから」
その言葉に何度となく救われました。
じいちゃんは僕の成長を誰よりも喜んでくれました。
僕が神輿を初めて担いだとき、とってもとっても喜んでいてくれたなあ。
今でも覚えています。

そのじいちゃんが。
今年の初めに体を壊しました。
間質性肺炎、という病気だそうです。
肺が硬化していってしまう病気で、一万人に一人の難病。
完治する方法は、まだ見つかっていません。

たぶん、もう長くない。

少なくとも、じいちゃんが神輿の会長でいられるのももしかしたら今年が最後です。

そんな事実をたたきつけられて、今までの当たり前が当たり前ではなくなって。

だから多分僕は動き始めたんだと思います。
やっぱり僕が継がなきゃいけないから。
やっぱり僕がこの祭りを守らなきゃいけないから。
だから、これだけはやっておかないとと思ったんです。
あの時じいちゃんがどうして神輿を作ったのか。
あの時じいちゃんがどんな思いで神輿を作ったのか。
それを含めて引き継ぎたい。
僕は中途半端ができないとっても不器用な人間です。
とっても遠回りで時間もお金も労力もかかる。
神輿に対するエネルギーは信じられないほどです。

言ってみれば僕のわがままなんです。
だけどそんなわがままにたくさんの仲間が付き合ってくれる。
遠く鎌倉まで神輿を担ぎに来てくれるやつがいる。

16202031_573164726_87large.jpg


夜遅くまで製作を手伝ってくれるやつもいる。
ずっと見守ってくれている人もいる。
そう。
僕のことを一番大事にしてくれた人のために。
僕が一番大事だと思う人のために。
精一杯の貢献を。

僕の姿を。
見てもらいたいんです。
材料も、舞台も、人も。
そろっています。
あとは、やるだけ。

見てもらいたい人が、います。
一緒に担ぎたいやつらが、います。
そんなやつらに、僕の精一杯を。

16202031_573171349_103large.jpg


もう少しだけ、わがままさせてください。

俺の夏は、まだ終わらねえ。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 19:30:04|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4年に1度!江戸のお祭り

先日、神輿仲間のホソディーに呼ばれて筑波桐睦会のメンバーで参戦してきました!!
みんな泊まりでもオッケーだということで、うちからは10人も集まってきました^^

さて、このお祭り、正確には亀戸天神社例大祭というのですが、4年に1度しか開催されません。
タイムテーブルは

21日(土)
11:30~鳳輦渡御
13:30~子供神輿、山車町内巡行
14:30~大神輿町内渡御

22日(日)
7:30~出発式、神輿出発
12:30頃神輿神社到着、宮入

14:30~子供神輿、山車、大神輿町内巡行
17:30 全行程終了

こんな感じでした。
1日目の鳳輦といいますのは中国より伝わったもので、偉い坊さんや天子様の乗り物であったそうです。
それを平安朝絵巻を再現するように馬や牛、獅子頭、太鼓などと一緒に歩いて行きます。

16202031_555757245_28large.jpg

16202031_555756199_145large.jpg

16202031_555756807_20large.jpg



しかしこの日牛は暑さでダウンしてしまったそうで競走馬用のトラックにのり後ろからついて行ってました。
とくに僕らは参加するタイミングはなかったのでただただ見ていました。
で、やっぱり神輿!
今回は衣装が支給されるという非常にレアなチャンスだったので参加者も多数。
みなさん神輿衣装でばっちりキメて担ぎに行くぜ~!!

16202031_555757489_121large.jpg

16202031_555757999_211large.jpg


午後から町神輿が出るので気合入れてゴー!
他の人らは今日は練習、明日が本番と言ってましたが俺は練習なんて必要なし!
伊達に毎年何回も神輿担いでないぜ 笑
いきなりガツンと担ぎ上げます。
回りと温度差を感じつつも元気に担いでいたのでした。

16202031_555758297_59large.jpg


これが今回担ぐお神輿。大きくはないですが華やかで立派ですね!
さて、でも1日目はやっぱり短くて一人不完全燃焼のまま家に戻りました。
そっからみんなで銭湯行ったりデイルと新谷くんが合流したり花火したりで楽しい夜を過ごしました。



夜はあんまり寝れなかったけど;;
朝早かったけど;;;
2日目の神輿はやっぱすげえ!
距離は約2駅分で、7時半からあげて夕方5時半まで!
さあ、俺の肩、がんばれよ!
さあ、本日も準備からさわやかな朝。
みんな若干の疲れが見えるような見えないようなですがもうやるしかありません。
あいさつの後神輿が上がります!
今日はすげえ人数だからさぞかし楽だろうなあと思っていたら大間違い。
さすがにベテランの方はペースを心得てらっしゃる 笑
最初のほうは全く入らない。
むしろスカスカ?
まあ、僕らはそんなことかまわずに入れる時は全部入る!
手伝いに来るっちゅうのはそういうことです。

16202031_555758580_207large.jpg

16202031_555758429_241large.jpg


デイルや新谷くんもこんなに頑張ってくれていますね!
途中からうちのメンバーは強固な陣形をとり、棒をとってしまって非常に楽しく担ぎました!
やっぱり変にばらばらだと息もあわないし女の人が入ってくるしで大変な思いをしやすくなります。
鼻棒担いでてもすぐ追い出されるし。
今回そういう場面が多かったですな。
よそ者意識が強いんでしょうか。
見知らぬ若者、というのだけで扱いが適当で。
その辺だけ気になりましたね。今回は。
そこへ行くと湘南の神輿の方が僕は好きです。
ホームってのもあるけど。


しかし宮入のときは盛り上がりました。
どこにこんなに人がいたのかってくらい人が入ってくるし何回も入れなおすし、やっぱりこのじらしってのも神輿の楽しみですね。
簡単には終わらない。
ぎりぎりまで追い込んでいく感じがたまんないね 笑
宮入がすむとみんなでダンプにのって町まで戻ります。
これもなんだか楽しい思い出でした。
汗だくの体をひっつけ合いながらあちいあちいっつって風を受ける。
いいねえ、この感じ。
そこには何のこだわりもないんです。
みんな同じ。
身分、肩書き、そんなの全部とっぱらって人間に戻る。
これがいいよね。
あつかったけど 笑



さあ神輿はまだまだ終わらない!
今度は昼飯食ってから町神輿です!
午前中がっつり担いだから最後は短いけどでも行けますよ!

駅に入ったりして面白かったな~。
鳳凰が何回もぶつかりそうになってた 笑
またあのめちゃくちゃな感じがたまりませんな。
収拾付かない感じが。


結局最後までほとんど休みなしで担いだ神輿。
俺はなれてっけどみなさんよく頑張りましたね!
今回初めてのヤツもいたのにがっつり担ぎ上げてた!
すごいすごい!
こうやってみんなが神輿を楽しんでくれて好きになってくれたらこんなに嬉しいことってないです。
それでうちの本番、学祭で最高に盛り上がれたら。。。
ああ、頑張って神輿作らなくちゃ!

絶対成功させるぜ!

ホソディ、楽しい神輿をありがとう!
また一緒に担げて嬉しかったぜ^^







  1. 2010/08/24(火) 11:07:22|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささやかな乾杯

あっちいあっちい!

なんじゃこの暑さは!

さて、筑波大学の夏季研修期間ももう終わりですね!
そのほとんどを神輿に費やしてきた今年の夏。

やっとやっとその成果が表れました!
先日台輪部分の完成はお知らせしましたが今回は台輪から柱部分の製作をレポートしていきます!

神輿の柱は5本あります。
4本の添え柱、1本の芯柱です。

4本の添え柱には梁がそれぞれつき、御堂の骨組みとなります。
今回できたのはこの部分。

まず、台輪に接続されているH形の部品には柱のほぞがささるようになっています。
このほぞは最終的にはくさびでとめます。
神輿が分解できるよう固定はされていません。
その柱に梁を差していくわけですが梁は8本。

16202031_541459250_61large.jpg


この穴が上下に合計8か所空いています。
ちなみに僕の技術だとこれ一個空けるのに1時間かかります・・・トホホ
ここに2方向から梁がくるわけです。
ここの接続は工夫がなされていて「三枚先組み接ぎ」という手法をとります。
これはほぞの先がさらに凸凹のかたちになっていて穴の内部で組まれるわけです。
そして♀側の穴の方を多少広げておく、つまり蟻に仕上げておきますと♂が刺さった時点でほぞが広がり抜けにくくなるという組み方です。

しかし理論上刺さるはずですが・・・うまくいくかな??
まずこのように一本ずつ刺していき、二パーツ作ります。

16202031_541457871_192large.jpg


最初は1本づつ刺していきますがだんだん刺す相手が増えていきます。
そしてこのように最後は4本の梁をいっぺんに刺さなければなりません。
非常に微妙で1ミリの正確さが要求されます。
正直ドキドキです;;
しかし今までの毎日は確実に僕の技術を高めていたようで。
がっつり何の問題もなく刺さりました!
そしてこの食い込み!
もうちょっとやそっとでは抜けないでしょう!
いやあ、ほとんど機械にたよらず間違いなく人の手で作っていく素晴らしさ。
こうやって一つ一つが完成していくごとに感動があります。

最後に前回の伝説の(?)神輿の屋根、桝組一段目を乗せて。

16202031_541456365_60large.jpg


いやあ、なんだかあの感動がよみがえります!!
出来上がって図書館前の自販機でカルピスを買ってデイルとささやかな乾杯。

16202031_541457159_113large.jpg


本当に完成が楽しみです。
これで骨組みは完成。
ここからは装飾していきます。
これまでとは仕事の感覚が変わって細かい仕事が増えてきますが神輿には不可欠です。
これまで以上にペースを上げ、がっつり作っていきます。
学園祭、かっこよく決めるぜ!!!
  1. 2010/08/18(水) 14:28:09|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

行ってらっしゃい和也クン

昨日は俺の永遠の隣人すわべ和也クンの壮行会でした。

和也君は競技エアロビックの全日本チャンピオンであり、僕の隣人です 笑
1年生のころからず~っと仲良しで、僕の筑波大生活たくさんのことを一緒に経験し、乗り越え、遊んできた大事な仲間です。

彼が前回の世界大会後にフランスへ1年間エアロビ武者修行を決めたのが昨日のことのようです。
エアロビだけでなくいろんなことを相談し合ってきた仲でした。
彼は16日、旅立ってしまいます。



最後に精一杯の思い出を作りたい。
僕の思いはそれだけでした。
特別なことはしません。
いつものように朝早く市場に行って。
料理して。
気の合う仲間を集めて。
大騒ぎして。
・・・。

そんないつもの「当たり前」をあくまで最後にプレゼントしたかった。
ここが帰ってくる場所だよと。

だけどそんないつもの会もいつもの会じゃない気がして。
ここで一つ区切りになるのかなと。
いままで何度となくこうやってみんなで集まって。
こういった会を初めてひらいた時から。
まだ俺がいろんな料理を試しながら味見してもらってた時から。
まだまだつたなくて失敗ばかりしていた時から。
彼は知っているわけです。

そんな会を催すにあたり、また朝から折居にきてもらって一緒に市場へ行きました。
もちろん市場の最高の友達、寺門さんに会いに!
寺門さんはいつも通り絶好調で美味しい海の幸をたくさんサービスしてくれます。

ホタテ、サザエ、岩ガキ、ボタンエビ、アユ、ホッケ、アジ、ハマグリ。

こんなのを俺達でもそろえられるようになったのも寺門さんのおかげです。
4年間通ってよかった!

しかも寺門さんはナイショで1個600円もする岩ガキを僕らにくれました!
それがホントに美味しくて!
それがホントにうれしくて。

16202031_503432500_45large.jpg


この美味しい岩ガキを和也君に食べさせたくって買ってきました!

今日のバーベキューはミューズガーデン。
あのドラム缶コンロがまた火を噴きます。
超巨大な網の上でガンガン焼かれていくうまいもん達は圧巻!
こんなバーベキュー、他ではないぜ!
そしてパートナーは巨大な鉄板の上の焼きそばです。
この前の祭りで鍛えた腕を存分に披露したりました 笑

そしてクライマックスは和也君へのプレゼントタイム!
先週の日曜日に誕生日だった和也君に俺からは手作りのケーキをあげました。
久しぶりにつくったケーキ。

16202031_503429495_105large.jpg


暑さで生クリームが溶けちゃったけど;;喜んでくれました!

人もたくさん来てくれて。
和也君もあんなに喜んでくれて。
本当によかった。


行ってらっしゃい和也君。
また元気にこんな会が開けますように。
  1. 2010/08/13(金) 18:02:09|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神栖舞っちゃげ祭り

こんにちは!!
今日も相変わらず神輿づくりの創長です!

さて先日神栖で今年はじめて行われた神栖舞っちゃげ祭りのスタッフをやってきました!
この祭りは我々と非常に親交が深い斬桐舞さんが運営するお祭りで同志守谷さんよりじきじきに依頼が来ましたので参加させていただきました!

今回のお祭りはよさこいソーランのお祭りで千葉、茨城を中心に北海道などからも全部で21団体(だったかな)が集まり演舞するというお祭りでした。
僕はみなさん御存じの通り祭りといえばお神輿ですので 笑
新鮮な感じでした!
開催は2日間で初日前夜祭、2日目昼間本祭、夜後夜祭という構成です。
僕らは昼につくばを出て7日の夕方から準備をし始めました!

神栖は我らがカモ君の地元で是非彼も参加して欲しかったのですが彼は北条のお祭りということで今回は俺とブーさんと五十嵐君の3人で臨んでいます。
いやあ、お祭りシーズンが始まるとお祭りサークルみたいになってますね 笑

まあ今回はスタッフということで特にお祭りらしいことはせずただただ裏方に回る感じでしょう。
実際に演舞してくださった方々に飲み物食べ物を配ったりだとか会場設営、片づけなどがお仕事でした。
夜になってガンガン音楽を鳴らしながら踊り子さんたちが踊っている姿は素敵でした!

16202031_469900678_2large.jpg


やっぱり一生懸命好きなことをやっている人っていつの時も素敵ですよね。
俺もいつもそうありたいなあ。
まあ、今日はお手伝い。おとなしくしてよっと・・・


しかし!!
見てください!

16202031_469906012_92large.jpg


そう!お神輿!
前夜祭会場は地元の七夕祭と同じ場所で開催のため地元の神社のお神輿が出るんですね~!
いやあ、お神輿がある。
そう。もう血が騒いでます!
片付けが全部終わった瞬間にお神輿のところへ行って入れてくれそうな人を探し、必死にあおる!
おっしゃ!呼んでる!
入っちゃえ!
とこんな感じで簡単に神輿に参加しちゃいます。
そこでがっつり粋に担ぎあげ、宮入まで参加!
みなさんに挨拶するともう仲良しです!
会長さんにはまた明日も来いって言われちゃうし。
いやあ、人生積極的に行きましょう!



神輿も担げたし、その日はテンションアゲアゲで絶好調で飲み会に参加し、もちろん最後までフルスロットル 笑
がっつり斬桐舞のメンバーと交流して初日は終了!
いやあ、お神輿パワーおそろしや!

そして本祭。
朝6時半に起床し朝飯食ってから会場へ向かいます。
とりあえずめちゃくちゃ天気が良くって早く行き過ぎたのでTシャツを脱いではしゃぎ回る。 
ひととおり笑いをとったらまじめにお手伝いモードに入ります。
やることはチームの誘導。

16202031_469896707_95large.jpg


次から次へくるチームを滞りなくステージへあげる役回りです。
そんなに複雑な仕事ではないですが炎天下にずっと立ちっぱなしでさらに休みなし!
がっつり声を張りまくり、終わるころには体中真っ黒でした;;
でもそんななかでも声掛けてくれる人がいたりだとかして嬉しかったりも。
何より裏側からでしたが非常に近くで演技を見れたのもよかったかな。
作品としては見れなかったけど人間としてのみんなの表情は素敵でした。

16202031_469891072_45large.jpg


さあ、全部が終わると全チームそろっての「総踊り」!!
300人近くいたのかなあ?

16202031_469888527_38large.jpg


猫も杓子も・・・失礼 皆さん踊りに参加してひとつになっている姿はなにより大迫力でしたね。
この祭りを引っ張った守谷さんも輝いていました!
これだけの人間が楽しんでくれれば最高だよね!
俺も神輿づくりに向けてまた気合いが入った次第であります。
とにかくすげえたくさんの人間がこうやって集まって素敵な時間を共有してる。
すごいことですね。
よさこいソーランの力ですね。
神輿はこうはいかないもの。
300人も入れない 笑


さあ最後に後夜祭です。
前夜祭とだいたい流れは一緒ですがまあ最後ということで皆さんまた気合いが入っております。
しかしスタッフは人数が減って前日5人くらいでやってた仕事をまさかの一人でまかされたり仕事が増えてたりして全く踊りは見れませんでした;;
とにかく俺のキャパを全部生かしピリピリしながらやりきって来ました。
全部終わって片付けまですんだ時はくたくたでした。
もうはしゃぐ元気もねえ・・・
と!!
その時昨日お神輿でお世話になったサクライさんが!

「昨日はほんとにありがとうございました!楽しかったです。僕らここでスタッフやってたんですよ!」

「・・・今日も手伝ってくれねえか?」

「え!!いいんですか!?」

ここで下がっていたテンションが急上昇する。

「担げるやついたらみんな連れてきていいからさ、あとお前湘南だったよな?本場の甚句歌えるか?みんなに聞かせてやりてえんだ。」

「はい!歌えます!ほんとにいいんですか?じゃあみんな連れていきます!」

「お!ホントか!じゃああっちで待ってっから来てくんな。」

と。いうことで。
まだまだお祭りは終わらない!

斬桐舞のメンバーも巻き込んでまた担ぎに行っちゃいました!
しかもいきなりマイク渡されて、よし!頼むぞ!と。
そして歌っちゃいました甚句!
さらに宮入を鼻棒で担がせてもらっちゃって!
こんなに名誉なことはありません!!
斬桐舞のメンバーも初めて神輿担いだ人ばかりでしたが楽しいと言ってもらえて。
いやあ、お神輿最高!

最後に「また来いよ!来年も甚句聞かせてくれ!」って言ってもらえました。
嬉しい限りですね。
結局お神輿で終わった今回のお祭り。
帰りのバスでも大暴れして結局迷惑をかけていましたが;;
お祭りは楽しんだもん勝ち!!
とにかくみんなと仲良くなって学祭ではお神輿とよさこいソーラン、お囃子という夢のコラボを絶対に成功させるぜ!!

  1. 2010/08/10(火) 16:54:46|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綾物語

おひさしぶりです。
宮崎に来て1ヶ月目の仲のうえんです。


私には宮崎に行くと決まってから絶対に一回は行ってみたいと思っていた場所があります。

「綾町」

です。


この町は自然生態系の町として、みんなで有機農業(無農薬・無化学肥料)に取り組んでいます。


いろんな点で先駆かっていました。

F1010005.jpg

5時に起きて綾行きのバスに揺られて宮崎中心地から1時間。

綾に到着すると



「綾手作りほんものセンター」なる建物が目に入る。
ここは綾の中心地に位置している、綾産農産物の直売所だ。




貼紙「無農薬・無化学肥料で栽培し、自然生態系を大切にする条例に基づき生産された野菜のみ販売・・・」



なぬ!



綾の自然・生態系って、条例で決まっているるのか。






綾に来たのはもちろん農作業するため。以前から行きたいと思っていた「早川農苑」。奥誠司さんが出迎えてくださった。

元教師の熱血漢である誠司さんは非常に喋りやすい雰囲気を作るのがうまい人で、私は宮崎にきて一言も喋らなかったような農業へのアツい思いを堰を切ったように話し出した。


すぐに仲良くなって、「早川農苑の研修生」という肩書きをもらうことができた。



ひっさしぶりの農作業。

農業筋肉が衰えていることを痛感しながら、葱畑の草取りと田んぼの草取りをやらせてもらった。


F1010003.jpg



俺の腕は草負けなんかしない!と強気でビシバシとヒエ抜きに挑むも、ノックアウト。歳も歳なので、これからは長袖で草取りしましょうね。(23歳)

F1010004.jpg


虹にも早川農苑さんにも歓迎されて、これからの宮崎ライフが楽しみになってきました!
毎週、農業実習に行かせてください!




綾町、早川農苑についてはこれから週に一回くらいの頻度でその先駆け具合をレポートしてきますんで、欲しい情報とかあったらなんなりと言ってやー!

  1. 2010/08/07(土) 22:58:13|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夏の村の1ページ

ちはす!

毎日毎日暑いですね!ザ・夏って感じですね!
そんななか村はもちろん暑いです 笑

しかし気分だけは涼やかにとカメの中にすいかやマクワウリを浮かべてみたり。

16202031_451712979_159large_20100806145942.jpg


放し飼いのニワトリに自慢しながら食べてみたりと

16202031_451716564_82large.jpg

のんびりしております。

福田さんの田んぼも穂がついてきました。

16202031_451722745_69large.jpg


ちゃんと米とれるかな~??
うめえ米生涯保障して欲しいな~。

くそ暑い中嬉々として福田さんは畦の草刈りをしとりました。
やっぱり根っからの農業青年ですな 笑

16202031_451719334_61large.jpg


夏になるとスズメバチがやばいから山には入るなって言われました;;
窯がすすまない・・・

しかし学祭まではどちらにせよ神輿作んなきゃなのでちょうどいいかな!
終わったら窯つくろっと!
レンガの配合を決めておくかな!
  1. 2010/08/06(金) 15:08:50|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おどりば神輿を組みに。

先日戸塚踊場という町にじじいに引き連れられて行ってきました。

16202031_423304794_65large.jpg


ここにはじじいの神輿があります。
もう20年以上も前に奉納された神輿だそうです。
そのため祭りには参加しませんが神輿を組みに毎年じじいは行くのです。
踊場という町は割と小さい町で昔何かの縁でじじいが頼まれたそうなんですがでも歴史ある町なんだなと思います。
盆踊りのやぐらもこんなに立派で。
木製!うそ!?

16202031_423308599_133large.jpg


神輿を組むといっても一般的に全く想像つかないと思うので説明しておきます。
まず、神輿には担ぎ棒が必要です。
普通は毎回担ぎ棒を抜いて飾り棒という短い棒を差しておきます。
ずっとそのままだと棒も綱も神輿も傷んでしまうので必ず毎回ばらします。

神輿というのは非常に変わった構造でいうなれば箱に屋根が「のってる」だけです。
つまり綱で締めなければ神輿というのは成り立たない。
乗ってるものを綱で精いっぱい押さえつける感じですね。
だからこの縄で締めるという作業非常に重要なんです。
ここが中途半端だと神輿は崩壊します 笑
だってあんなに揺らすんだもの;;

その担ぎ棒をつけ、さらに神輿を飾っていきます。
飾り綱、鈴、鳳凰、駒、紙垂(しで)といったものをつけるんですね。
ちなみにうちの神輿の場合飾り綱は飾り綱シスターズが前回一生懸命毎晩編んでくれましたね。
鳳凰は・・・知る人ぞ知る 笑
紙垂(神社とかでよく見るギザギザ)は・・・忘れてた;;
とにかくこういう風に飾りをつけて初めて神輿が担がれる状態にあるわけなんです。
まあ神様の乗り物ですからね、やっぱり装飾も重要です。

こういった超特殊な技術ですがまあじじいが持ってるのは当然として一介の大学院生の俺も何故か身につけております 笑
全国に神輿組める大学院生どんだけいんだろ・・・;;
のでじいさんも最近は縄を締めるのとかしんどいので今年は手伝いに駆り出されたわけです。
というかもう今年はじじいイベントは俺の中での最優先事項。
すべての予定をキャンセルして臨みます。
もう後悔したくないからね。

まあ組み終わるとこういう風になりますな。

16202031_423313319_9large.jpg


じいちゃんは踊場の町会長さんにこう言ってました。
「こいつは孫でして、つくばから来てるんです。
もう私も体が動かないんで、今年はこいつにいろいろ預けちゃってるんです。
お祭りも仲間を連れてきてくれて、本当に助かってます。」
と。

直接は言わないけれど、こんな風に思ってたんだなあじいちゃんは。
じいちゃんが残したものだもの。
やっぱり俺がしっかりしなきゃ。
たくさんの喜び、感動、楽しさをお祭りは生み出してきたはずだ。
なくしちゃいけない。
僕らの心だもの。
じじいの人生だもの。
頑張らなきゃ。

ちなみに昨日うちの神輿の台輪が完成しました!
長かった~1か月くらいかかった 笑

16202031_443667247_251large.jpg


途中場所なかったりしたからだけど;;
とにかくこれから一気に柱立てるぜ!
うちの本番は学園祭!
見てろよ!てめえらあ!
  1. 2010/08/05(木) 15:11:05|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

週末大忙し!

お久しぶりです!!

最近はもうお祭りシーズンでして毎週珍しく予定が入っております 笑


先週はうちの実家の里の盆踊り大会で、じじいの会(本郷睦春日会)は毎年焼きそば屋を出店しております。
なにしろ今年はじじいの体調がすぐれずほとんどの行事に呼ばれます・・・。
ので毎週予定がぎっしりと。

今回の助っ人は食将オリイ君とパスカルです。
わざわざ始発にのって朝早くわが町に来てくださいました!
しかしとりあえず今回は労働です;;
朝早くに会場に集合して鉄管でやぐらを組みます。

16202031_423330003_105large.jpg


このやぐらが結構大変でして;;
こうゆう町の会って大体が適当ですよね 笑
設計図もなければ棟梁もいない・・・
まあ去年はこんな感じだったよね~で出来上がる。
なぜか部品が足りなかったり余ったり・・・
まあでもそんな適当さは好きですよ!

とりあえず午前中はひたすらやぐら組みです。
やたら人数がいたのでわりと早く終わっちゃいました。
午後は休憩だったのですが・・・
体力のありあまってる僕らが悠長に休憩しているわけがありません。
さっさと水着に着替え、チャリンコを爆走させて鎌倉、由比が浜へ!!
住宅街をピチピチの水着とTシャツで颯爽とはしる僕らは変態でしかありません!!
とりあえず海の近くまでがんばれ!!
途中鶴岡八幡宮の境内を折れた大銀杏をみるためにこのかっこでママチャリで爆走し、職員ぽい人に冷たい視線を送られましたが気にしません 笑
僕らはそれから一直線に海に走りこみ、波にもまれました!!
その日はなぜか海が荒れていて腕白そうな外人のぼうずがBIG WAVE!! BIG WAVE!! と叫んでいました 笑
拾った浮き輪でなんとか波乗りしてみたり(意外とできます)
パスカルの眼鏡が湘南の海の思い出になったり(さよならめがね)
楽しいことばっかりです!!

さあ!それから急いで戻りましたが僕らはもちろん遅刻です!
さっさと着替えて急いで焼きそば焼きます!!

16202031_423327469_2large.jpg


オリイはいつもの衣装でのぞむ!!
意外とみんなの反応は薄いが気にしない 笑

16202031_423322948_154large.jpg


夜になって祭りもいい雰囲気に!



そのあと僕ら三人は焼きそばパフォーマンス集団と化しものすごいスピードで焼きそばを焼いていました!!
パスカルが放り投げた麺をオリイが切り、俺が炒め、かき混ぜ、オリイとの息の合ったプレイで仕上げる!!
爽快爽快!!
なんだかとっても評判良くすぐに完売しました!!
俺たち焼きそばマスターだぜ!!

それから僕らは盆踊りを踊りに!!
盆踊りなんて踊れないのでパスカル先生に習いながら・・・
炭鉱節とか東京音頭とかあられちゃん音頭とかポケモン音頭とか全部振付が違って難しい・・・
みんなよく覚えてるな 笑
とくに子供たちがみんな参加しててとってもいい街だなと思いました!
ほんとにみんないい子!
最後に親戚のちびすけたちと壇上で炭鉱節踊って。
とってもいい思い出でした!!
いやあ、ちっちゃい子はいいねえ。
みんな気が合うね 笑
やっぱりこれをしっかり守っていかなきゃなと強く感じました。

16202031_423318042_128large.jpg

  1. 2010/08/03(火) 19:53:55|
  2. 先駆村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

日本文化を未来へ

Author:日本文化を未来へ
今やれる精一杯を、大切な場所へ。

友情、絆、縁、友達、ふるさと。

大事にしたくて、大事にしなくちゃいけないもの。

大切な毎日をすこしずつ。

twitter:@asitaski
mail:blackleopard04sあっとまーくgmail.com

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
想い (2)
筑波てづくり御輿 (5)
[岩手県陸前高田市]うごく七夕  (2)
[岩手県大船渡市]三陸海の盆 (1)
[宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭  (7)
[宮城県石巻市雄勝地区雄勝] 復興商店街たなこや御輿 (3)
鼓舞 おがつ秋の芸祭 (4)
[神奈川県小田原市]大稲荷神社例大祭  (4)
[岐阜県郡上市]徹夜おどり (1)
[山梨県小菅村]小永田熊野神社 (1)
災害復興支援 (10)
RunforJAPANinGC (6)
アシタスキユースmaggie (2)
先駆村 (181)
[長野県長野市]武井神社 (1)
[岐阜各務原]手力雄神社 (3)
[宮城県石巻市雄勝]大須八幡神社 (3)
祭り (2)

最新コメント

Twitter

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。