先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り 筑波てづくり御輿

先駆村/明日襷-asitaski-/日本の祭り

僕らが未来へ残していける風景を考え、学ぶ。明日へつなぐ僕らの襷。明日がもっと好きになる。アシタスキ。日本の祭りや文化,人々を動画や写真,文章で紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱根神輿!!

箱根伝説のイベントが終わりました!!

今回ばかりはすさまじい事になりました。
30日に無理矢理2tトラックに神輿を積み込み、首都高をぶっぱなしました!!
30日帰省ラッシュがピーク、さらに雪という報道で極めて不安でしたが実際は非常に快調!!

前日ほとんど一睡もしてない二人は命がけで小田原へ運びます。
やるかやられるか、ぶっ放します。


とりあえず神輿は無事に運び終えました。
そっから僕と実咲は俺の実家の鎌倉に戻り、毎年恒例の凧売りしました。
大晦日から店をまたああだこうだ言いながら建てて元旦から一気に売って行くわけですね。

その素敵な夜のレポートはまた次回として
元旦完売した後僕らは小田原へ乗り込みました!!
小田原駅近くの万葉の湯に泊まり朝までトランプして、当日に臨みます。
この時点でうちのメンバーは12人。
いやあ、みなさんお元気で。
遠いところから集まってくれました!




そんな楽しい夜が終わり、朝から現地に向かいます。

こっから当日入りの奴らもぞくぞくと集まってきて総勢20人を超える大所帯になりました!

みんな本当によく来てくれたね!
朝から神輿を組んでいく僕ら。

P1000654.jpg


もうだんだんみんなも馴れて来てくれたかな??
少しずつ組みあがって行きます。

P1000629.jpg


箱根に俺らの神輿が置いてあるってとっても不思議です;;
しかし僕らは確実に今!僕らの神輿を箱根の地に持ってきて担ごうとしているわけです。
すげえことです!

こっから会場まで運ぶのも一苦労;;

P1000658.jpg


久しぶりに担ぐ神輿でみんなもエンジンを温めます。
初めて神輿に触れる東京の方々はその重さとエネルギーにびっくり。
がんばってくれています。


会場では置いてある神輿にたくさん人が来てくれました。
いつしか半纏貸出写真サービスをはじめ、応援に来てくれた方々が神輿をバックに記念撮影していました!
凧も売れていましたよ!

P1000682.jpg

P1000737.jpg


結構沢山の人が声をかけてくれて嬉しかったです。
すごいね!
かっこいいね!
そんな声がなんだかくすぐったくて顔がほころんでしまいました。
やっぱり僕らがつくったものをこうやって沢山の人に見てもらえるってのは特別な思いです。

P1000703.jpg


こちらは鈴廣の会長さん。
なんだかチャキチャキの人で、縁起物の凧や神輿をとっても喜んでくれました。
神輿の前で記念撮影。
素敵な方でした。

さらに神輿に阿藤快さんが!!

P1000724.jpg


阿藤さんがたまたまプライベートで駅伝応援に来てまして、神輿を見てこれ楽しそうだ!
是非担がせてくれと楊君の半纏を貸して一緒にまた記念撮影!

P1000718.jpg


一時半纏着たままいなくなっちゃって困ったんですが 笑
なんと!予定していた時間近くになって帰ってきてくれました!
しかも僕らは最初神輿は選手が走る前あたりに祭り会場の中の駐車場でやるつもりだったんですが
やっぱ走ってる時に担いだ方が面白いじゃん!!
しかももっと近くに行かなきゃだめでしょ!
と提案してくださって
会長さんに相談したところ一発おっけー!
いやあ、素晴らしい!!
選手が通り過ぎる間ずっと担いでいました!
阿藤さんもずっと担いでいました!

いやあ、俺の神輿、桐睦の紫半纏着た阿藤快が担いでる!すげえ 笑

と思いながら一番前に立っておりました。


いやあもう応援してる時はみんな汗だくでぎりぎりでした。
何回も何回も入れなおし、刺してはまた入れなおし。
あんなハードな宮入はなかなかありませんよ 笑


本当に一生懸命やってくれました。
みんなありがとう!!


この時とっても嬉しいことがありました。
お神輿を見ていたおじいちゃんの一人が泣き崩れていたんです。
うちのメンバーが声をかけると
こんなに一生懸命日本文化を伝えようと頑張ってる若者の姿を見て感動したんだ。
といってくれたそうです。




とっても嬉しいことです。

今回、この一点だけでも本当にやってよかったと思いました。
何人来たとか、いくらお金が動いたとかそんな評価だったらいらないんです。
たった一人でもこの神輿をみて何かを感じてくれた。
僕らの神輿が誰かの心に届いた。
そんなことが僕ら、本当に嬉しいしやってよかったと思わせてくれるんです。

P1000747.jpg


またこんなにも素敵な笑顔を創ることができました。
これからまた毎年素敵な思い出が創れれば最高です。

これがずっと続くなら。
僕らは文化を創れるのかも知れません。


本当にみんな
ありがとう。






スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 03:25:14|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

箱根への道

今、箱根までギリギリの思いで神輿を運び、小田原駅から鎌倉への電車に揺られています。


昨日の夜も一睡もせずこの箱根祭りにのために凧をつくっていました。



今回感じていることは、仲間への本当の感謝の気持ちです。
毎日毎日、夜が明けるまで凧づくりに集まってくれた仲間。
神輿をトラックに積み込むためだけに集まってくれる仲間。
当たり前に部屋を解放し、僕らの作業場を提供してくれる仲間。
毎日の単純作業、嫌な顔ひとつせずに差し入れを持ってきてくれる後輩達。
神輿を愛し、誇りに思うみんなの顔。
ひとつひとつの成功で深まっていく絆。


僕らはいつもいつも全力で物事に向かいます。
周りの人から見たらそんな一生懸命はあまりに滑稽です。
だけどそんなことは考えず、今みんなと一生懸命を共有する。
返ってくるものの大きさ。

格好悪くていいんだ。

ボロボロでいい。


だけどその真っ直ぐな、純粋で少し恥ずかしそうな笑顔が僕は大好きなんです。


こんなにみんなが一生懸命やってくれるから。
温かく見送ってくれるから。


僕はみんなが大好きだ!
ひとりが欠けてもダメなんです。



箱根で僕らの神輿が上がります。
僕らが創ったたった一つの神輿が。



そこでまた素敵な物語が生まれるはず。

みんなありがとう。
とっても楽しみだね。
  1. 2010/12/30(木) 18:42:59|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お菓子のみこし

さて、今日は台風でさんざんですね;;

こんな日はひとり部屋で創作活動。
外の嵐と対照的な静けさが流れています。


先日神輿ガール、綱編みの茂木の誕生日でした。
伝説の神輿の飾り綱を、パートナー実咲とともに完成させた桐睦の誇る凄まじい女子です。
実咲からこんなメールが送られてきた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
みなさん!!
茂木もも子の誕生日みんなで祝いましょう^^

日時:10/27
場所:つくば内某居酒屋

~idea of freedom~
身体ひとつでもよし、プレゼント持ってきてもよし、来れない人は手紙でもよし(預かります)、友達連れてきてもよし、変な格好して喜ばすのもよし、等々

あなたのアイディアを輝かせてください!あなたと茂木もも子と向き合ってアイディアを生み出してください 笑
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なるほど。
アイディアは自由と・・・。
さて、どうするかな。
うちの会として出すからには圧倒的サプライズで挑みます。
そしてポッと浮かんだのは、巨大ケーキ、お菓子のみこし!

頭に浮かんだことは実行しないと後悔するので早速超巨大ケーキの型を買いに。
しかし。そんなの売ってるはずもなく。
なんとかステンレスの深型トレイ(超大型)で代用。
卵30個、生クリーム1.5リッターと言う超大作!
村田君、デイル、楊君を呼んで試行錯誤しながら作って行きます!
そして出来たのがこの神輿。
見てこの完成度。
すごいでしょ 笑

16202031_828536818_4large.jpg



ウエハースの土台(台輪)にバームクーヘンにホワイトチョコをとかしてビスコを張り付けて作った御堂(社の部分)、4本の添え柱は細プリッツで、芯柱はうまい棒チョコ味を削って作り、屋根は板チョコで組み立てて、鳳凰は羊羹を彫刻。羽部分はポテチで作り、蕨手はキャラメルコーン、さらに飾り綱はヒモQを三編みにして、紙垂は干しイカ。駒をホワイトチョコで作ってチョコペンで名前を入れ、フランを溶かして枡組部分まで再現。担ぎ棒はフランとうまい棒チョコで作って完成!

っていうか書き出してみると相当複雑な構造だな 笑

とにかく!

本物を一回作った俺にとってお菓子の神輿なんて簡単!(でもなかったけど・・・)
そっからまたフルーツカットしたり飴細工を加えて出来たのがこれ!

16202031_828536215_148large.jpg


超大作です。
会のみんなで半纏来て集まって持って行きました!

16202031_828535613_132large.jpg


いやあ、茂木だけじゃなくみなさん驚いてたぜ!
みんなが驚く顔がたまんねえ 笑
僕のいたずら心が満たされる瞬間であります^^

大変だったけど、俺らのサプライズはこんなんですよ!
喜んでくれれば全てオッケー!

楽しかったー!


  1. 2010/10/31(日) 00:46:42|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

俺が創りたかったあの一日

16202031_801658228_138large.jpg



俺は、こいつを創った。

みんなで、一生懸命になって、創った。
雨の日も、寒い日も、真夏の照りつける太陽の下でも。

ただただ、必死になって。
なぜ、こんなにも。
そう思われることもあっただろう。
だけど、それは俺の本当に純粋な純粋な思い。
裏も表もねえ。
俺が紡ぎたかった一編の物語。

みんなに一生懸命伝えた。
みんなと一生懸命になった。
じじいの神輿を担いでもらった。
あの日最高の瞬間だった。
最高に熱い夏。
体から水分が全部入れ替わるまで、声が出なくなるまで。
一生懸命になって神輿を担いだ日々を俺は忘れない。
そして一生懸命になってくれたみんなを俺は一生忘れない。
世の中、捨てたもんじゃねえ。
重いものをあんなに必死になって担いで。
声出なくなるまで叫ぶ。
恥ずかしげもなく自分をさらけ出す。
一歩引いてみれば、馬鹿らしいと思われるかもしれない。
もっとクールなやり方がある、スタイリッシュじゃない。
そう思われるかもしれない。
だけどそこには、「人間」の姿がある。
女も男も。
みんなが一生懸命になって重い神輿を担いで。
神輿は一人じゃ上がらねえ。
みんなの一生懸命があるから。
必死になって担いでいるやつらがいるから。
だから俺らも手ェ抜けねえ。
それが神輿なんだ。


そして今回は、そう。
すげえ物語があった。
俺たち神輿担ぎは、バカ共の集まりだ。
もっとかっこいい神輿を、もっと重い神輿を、担ぎてえ。
そんな単純な思いで神輿担いでる。
この手作りの神輿に込められた思いは、尋常じゃねえ。
俺が一人の大切な人のために命がけで創った。
本当に一生懸命になって創った。
筑波桐睦なんて会は存在しなかった。
あの紫色の半纏も存在しなかった。
思い返せばもう半年以上の時が経つ。
俺が神輿を創ろうと決めてから。
みんなで色んな祭りに行ったね。
たくさんの人と出会ったね。
たくさんの思い出を創ったね。

こんなに充実した、濃い半年間は無かった。
文字通り、駆け抜けた。
命を燃やして一生懸命になって創り上げた。
そこで出来た絆。
ほんの半年前まで全く知らなかったやつらが。
今。
こんなにも当たり前に笑いあい、こんなにも当たり前に前を向く。
こんなに素敵なことってないよね。
俺はこいつらのために。
こいつらが最高だから。
理屈抜きに一生懸命になってくれるから。
だから手ェ抜けなかった。

今思い出してもすげえ瞬間だったな。
あの空間は俺らにしか創れなかったよ。
あの一瞬のためにどれだけ俺ら一生懸命になった?
あの一瞬のためにどれだけ俺ら真剣になった?

その思いをずっとずっと忘れずにいよう。
俺らは本当の仲間だ。
だって考えてもごらんよ。
こうやって神輿を自分らで創って。
自分らで担いで。
こんなにも熱い熱い物語簡単に創れるもんじゃないだろ?
それをみんなでやったんだ。
これをみんなで守っていこう。
一生の宝物にしよう。

まだまだ、これから。

本当にみんなありがとう。
みんなのおかげで俺の大事な大事な人に、最高のプレゼントをあげることができたよ。
この一枚の写真。

16202031_800213444_9large.jpg


これがどれだけの意味を持っているか。
これがどんなに素敵な風景か。
みんなはもうわかっているよね。
一生懸命伝えたもんね。
  1. 2010/10/14(木) 15:22:50|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一夜あけて

すごい1日だった。

ただただ、心が震えた。


すべてをかけて臨んだ神輿。
それが最高の仲間たちの手で上がったんだもの。

誰もがみんな一生懸命で。

誰もがみんな真剣で。

汗、血、涙、いのち。
そんな「人間」がここにはあった。
俺の純粋な思いが形になり、とんでもない神輿を創りあげた。
これで生まれた思い、絆。

それは本物だ。

みんなに見てほしかったんだ。感じてほしかった。
こんなにすれっからしの世の中だけど、一生懸命になって、ぐちゃぐちゃになって、創り上げる世界がある。
それで生まれる素敵なものがある。

みんなみんな大好きだ。
ありがとう、ただありがとう。
あんなに楽しくて、嬉しくて、感動した日々を、俺らは一生忘れないだろう。



あの日の記録は、映画として刻み込まれる。
みんなで、見たいな。
  1. 2010/10/12(火) 19:15:46|
  2. 筑波てづくり御輿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

日本文化を未来へ

Author:日本文化を未来へ
今やれる精一杯を、大切な場所へ。

友情、絆、縁、友達、ふるさと。

大事にしたくて、大事にしなくちゃいけないもの。

大切な毎日をすこしずつ。

twitter:@asitaski
mail:blackleopard04sあっとまーくgmail.com

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
想い (2)
筑波てづくり御輿 (5)
[岩手県陸前高田市]うごく七夕  (2)
[岩手県大船渡市]三陸海の盆 (1)
[宮城県石巻市雄勝地区桑浜]白銀神社例大祭  (7)
[宮城県石巻市雄勝地区雄勝] 復興商店街たなこや御輿 (3)
鼓舞 おがつ秋の芸祭 (4)
[神奈川県小田原市]大稲荷神社例大祭  (4)
[岐阜県郡上市]徹夜おどり (1)
[山梨県小菅村]小永田熊野神社 (1)
災害復興支援 (10)
RunforJAPANinGC (6)
アシタスキユースmaggie (2)
先駆村 (181)
[長野県長野市]武井神社 (1)
[岐阜各務原]手力雄神社 (3)
[宮城県石巻市雄勝]大須八幡神社 (3)
祭り (2)

最新コメント

Twitter

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。